安全に目的地までお客様を移動させる|タクシー採用も増えている

タクシー会社で働く

タクシー

会社によって異なる形態

タクシー業界は新卒よりも中途採用や中高年の転職先として需要があります。基本給自体はどの会社も高くありませんが、基本給プラス歩合制の会社がほとんどですから、働き方によっては高収入も期待出来ます。どこで働くかによっても収入が大きく変わってきます。例えば都内ならば、タクシー利用者が多いので、乗客を捕まえることが出来ます。時間帯でも変わってきますが、終電前後に利用者が増える傾向があります。同じ会社に在籍しているタクシー運転手でも給料に差が出てきます。乗客をたくさん捕まえれば良いという訳ではなく出来るだけ長距離移動をする乗客を捕まえることがポイントにもなるでしょう。タクシー運転手としての向き不向きもあるかもしれません。

メリットやデメリット

タクシー運転手として働く際にはメリットやデメリットを把握しておいた方が良いでしょう。まずメリットは、比較的自分のペースで働くことが可能ということです。個人タクシーではなく、企業に就職して働く場合は管理者や上司はもちろんいるのですが、営業所を出てしまえばあとは無線でのやり取りなので、自由度が高いと言って良いでしょう。休憩なども自分のタイミングで取ることが出来るのも良い点です。頑張り次第では歩合を稼ぐことが出来ますから、高収入も期待出来るのです。デメリットは、やはり職業柄腰を痛めやすいという事です。長時間の運転は特に腰に負担が掛かりますので注意しなければなりません。またタクシー運転手は基本的に基本プラス歩合ですので、乗客を捕まえられなければ歩合が入らないシステムになっています。